自分のやりたいことを仕事にしたいと思います

いラストレーターという職業には、昔から結構なあこがれを持っていました。子供の頃から絵を描くのが好きで、暇さえあればずっと描いてきました。絵を描いていれば気持ちが落ち着くというか、嫌なことがあっても結構な気分転換になっていたんですよね。
それは大きくなっても変わらず、毎日の勉強の片手間ではありますが家に帰ったら机に向かって自分の好きなものを表現して楽しんできました。
それを将来の仕事にするかどうかというのは悩ましいところもあります。仕事にすることで嫌になってしまうこともあるでしょうし、描きたいものだけを描いていけるわけじゃないから辛いことも出てくるんでしょう。
 
だからといって、好きでもないことを仕事にして人生を生きていくというのはそれはそれでもっと辛いのかなという気もしています。どこかで納得いかないまま、今の自分を疑ったままに進んでいく日々になるんなら楽しんで勧めていくことにはつながらないのかもしれません。
親とも相談しましたが、ここはやっぱり挑戦してしまおうという結論になって今は専門学校を探しています。
イラストレーターの事情に詳しい人の記事なんかも読んでますが、専門で学ぶか転職するかという流れがやはり一般的なようなので最初に技術や知識を高めた上で就職活動するのが定石かなと感じました。
 
友人もそれぞれに進路を決めて活動していっています。何もやりたいことが見つからないひとほど大学に進んで、とりあえず四年を過ごすつもりでいるのが何とも面白いものですが・・・私達の来年のときには病気が落ち着いているのかどうかというのも懸念点です。
今年入学の先輩方は、学校に進んだもののいきなりオンラインばかりで全然友人もできないとかなりつらそうでした。
少しでも落ち着いてくれるように祈りながら、自分の進路のための勉強を勧めていこうと思います。