目の上のたんこぶ扱いに辟易して辞めようと思いました

以下が会社を辞めたいと思った理由です。

介護施設で働いていましたが、上司が変わってから雰囲気が変わりました。

自分のイエスマンには目をかけて、意見の違うものには態度が違う。

利用者さんを成績と思っている事。自分の成績・幹部への媚など、目に余って仕事に対する意欲がなくなりました。

最古参で働いてきましたので、目の上のたんこぶ扱いに辟易して辞めようと思いました。

会社を辞めたいと思ったときの状況はこんな感じでした。

ほとんどのスタッフは、仕事がなくなることを恐れて誰も何も言いません。言いなりになっていました。

陰で悪口を言っている人達が多かったです。直接言えばよいのに、誰も言いません。

以下は会社を辞めたいと思ったときの心情です。

自分の性格、仕事への意欲がそがれているメンタルで、利用者さんと接することの罪深さに苛まれていました。
以前に接客業をやっていまして一時期毎日、買い物すらしてもらえず無断で駐車場を停められいる車がいまして、いつかこれは注意しなければいけないなと思い、ちょうどタイミングよく無断で停められているお客さんを見かけましたので丁重に注意を促したところ、『ずっと前に一度買い物したから何が悪い』のみたいな事を言われ逆ギレされ、こちらは全く非がないのに感情を押さえ込みお客様に説明をしましたが全く治まる気配がなく逆にクレームになってしまいました。
これに限らず接客業をいくらお客様が悪くても慎重に言葉を選びながら発言しなければいけないですのでストレスたまるなどやめたいなと思いましたし、言い合いにともなると取り返しつかなくなる場合がありますので感情を抑えなければいけないのでやめたいなと思いました。
こちら