今見ている世界はほんの一部でしかないと知ることが大事

日本語を覚える一環で一緒に英語を覚える方が、文法とか気にせずに話すという意味では話せるようになるのは早いと思います。

また、聞き流すだけでも耳が慣れるというし、話さなくとも聞き流すだけでも英語に対しての苦手意識はとてもあるのではなのではないかと思っています。

そして、小さいうちから外国語に触れることで、日本以外にも国があって日本人以外の多様な人が、日本語以外を話して暮らしているというのを知ってほしい、という親の気持ちもあります。

私自身留学経験者ですが、中学から英語を学び始めて遅かったなとは思はないのですが、早いに越したことはないなとは感じているので、早めに英語には触れることで英語を話すのに対して苦手意識を持たないようになってほしいと思っています。
今見ている世界は本当に大きな世界の一部でしかないと思えるようになることだと思います。

私も留学をしましたが、留学をする前には海外へのあこがれや自由な世界がある!みたいな憧れがありました。

そして実際に2か国で留学してみて文化の違いや考え方の違いにかなり驚きましたし、良い経験になりました。

その時の驚きや、自分の世界が広がる感覚は今でも忘れられませんし、旅行が趣味なのにつながっています。

親の勝手な期待ではあるのですが、子供にも同じように世界にはいろんな人がいて、いろんな文化があって、いろんな考え方があるんだ!

というような驚きや感動を感じてほしいと思っています。

そういった発見が一番の早期英語教育のメリットになるのではないかと感じています。
https://www.xanaxonline.biz/