そろそろについて一言いっとくか

要らなくなった着物を処分するとき、買取額ってどうしても気になりますよね。古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。ただ、業者サイトの買取り例を見てもわかる通り、着物や浴衣というのは紬や友禅といった種類のほか、新旧、コンディションなどでも価格が異なるので、一概にいくらと決めるわけにもいきません。
例えば同じ種類・状態の着物なら、小さすぎたり細すぎるものは査定額が低くなり、逆は高値がつくこともあります。
街の古着屋ではわかりません。
バリューのわかるエキスパート業者に査定してもらうのが一番です。
由緒ある和服の買取をしてもらおうというときに、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。というのは、喪服の買取は基本的にお断りするケースが多いからです。
それもそのはず。
中古の由緒ある和服市場では、喪服の流通はきわめて少ないからです。
それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、数は少ないですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、まずはそこに確認してみると良いでしょう。
実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなくいろいろな和装小物も同時に買い取っています。できるだけ着物と小物類を一緒に査定してもらうようにするとトータルコーディネイトもできるので査定価格に若干上乗せしてくれる業者の話もよく耳にします。
たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば着物を送る際、一緒にして宅配査定が無料なら、全部送って査定してもらえば不要品の処分と、買取が同時にできます。
着物や浴衣の宅配買取は、多くの業者が無料で行っていますが気を付けた方がいいことは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる反物の切れ端や保証書が残っているかどうかを忘れず確認してください。家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品ほどあるのが当然となりもののバリューは相当違ってきますから、着物の一部と考えて宅配の箱に入れるのを忘れないでください。
質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは行わないところも少なくないですから、あらかじめ持ち込む前に聞いてみたほうが良いですね。どうせなら和服買取を専業にしている業者にすれば、高値で買い取ってくれますから、そちらを考えてみてはいかがでしょうか。
近くにそういった店がない場合も、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。中古着物がブームのせいか、和服専門の買取業者の宣伝を多く目にします。着る機会もなく眠らせたままでいると、保管場所に気を遣ったつもりでも、劣化は避けられないので着物や浴衣そのものの価値が落ちます。
きちんと保管されてきた良い着物はリサイクル店に売るよりずっと良い値段がつくので、思い立ったが吉日で早めに査定を受け、買い取りしてもらうことが肝心です。最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、利用しようと思っている人は、注意してください。ほんの一例ですが、着物の出張鑑定を頼んだだけなのに、その日のうちに急に家に訪れて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあります。ポスティングチラシだけ見て申し込むのは考えものです。きちんとした古物取扱商であれば、違法な行為は商売に障るので、しないはずです。着物は日本が誇る美しい衣装ですが、手入れには本当に気を遣います。
虫干しは定期的に行い、間に和紙を挟みながら元通りに畳んで、保管は桐箪笥に入れてと、手間をかけないと傷んでしまいます。もし手持ちの着物や浴衣で、着る機会がないもの、サイズが合わなくなったものがあれば着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。眠っていた着物や浴衣も、新しい持ち主のところに行けますし、お手入れの負担も少し軽くなります。
着物買取の注意点です。鑑定では着物自体がどんな素材か、人気の色柄か、仕立てはいいかを見られます。
そして保管状態が良いかも、厳しく問われます。
ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、汚れがひどいもの、カビの跡が明らかなものだと大幅に安くされるのが普通の結果なのです。
手間をかけても、完全にきれいにできる場合は買い取ってもらえるチャンスはあります。素人が決めるのは得策ではありません。0円査定で可能性を探ってみましょう。不要になった和服などがあれば、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。
たとえば紬などは流行に左右されず、結城や牛首のような品でなくても、どんな種類でも買い取ってくれるようです。
ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。
紬は男性物でも良いですし、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども幅広く扱う業者が多いです。
自分の着物や浴衣が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。